なにかおかしなと思ったら|仕事のストレスが原因|優しさを求める心に

仕事のストレスが原因|優しさを求める心に

なにかおかしなと思ったら

スーツの男性

作業がはかどらない

仕事をしていて、激務が続いた時や人間関係につかれている時、また何もそういった事態がないような時ですら、人間の心のストレスというものは蓄積されていく場合があります。たとえば、仕事をしていて、なんだか作業が全然はかどらないというように気が付くことはないでしょうか。普段はサッサと終らせられるような内容でも、判断が鈍っていたり、物事について詳しく考えられなかったりというような状況が続くことがあります。もしくは、うっかりすることが多い、物忘れが非常に多いというような状況も、ストレスが起因しているということが想定されます。そういったいつもとはなんだかちがう、ちょっとおかしいな、つかれているのかもというような、自分の心の声を大切にしてみてください。疲れている時にそれを続けることで、より自分の心を疲弊させ、深みにはまってしまうということがあり得ます。なんだかちょっとおかしいなと感じた時には、立ち止まって自分の体の様子や、心の様子を見つめてあげるという事が必要になります。病院に行くほどではないかなと思っていても、まいにち同じような状況が続くときには病院で診断してもらうという事も、体や心を楽にすることが出来る場合があります。

気持ちが悲しくなる時

仕事をしていると、辛かったり悲しくなったりすることもあります。作業が出来なかったり、失敗したり。仕事ってそんなものじゃないと、多くの人がそうとらえていることでしょう。しかし、そのつらさや、悲しさというものが自分の気持ちの大半を占める様になってしまっているという事であれば、ストレスが相当に溜まってしまっていると考えられます。家に帰っても、ずっとそのことにとらわれてしまっているというような事であれば、毎日の生活すら楽しむことが出来なくなってしまいます。仕事のことを日常で考えてしまうというのは、誰しもあることですが、それが非常に負担になったり、心が苦しいというように感じるときには、病院に行ってみるというのも方法の一つでもあります。苦しいというのは心のSOSです。自分自身の心の声を、大切にしてあげるということで、自分の辛さが少しでも軽減されることにつながります。ストレスがあるのがちょうどいいというように思っている人もいますが、自分の気持ちのコントロールができないというのは、過剰な負担が心にかかっているという証拠です。病院に行くほどではないと思っていても、なんとなくつらくて誰かに話を聞いてほしいということがあるのではないでしょうか。ちょっとしたタイミングで病院に行ってみることで、心が晴れやかになるということもありますので、つらい時悲しい時には検討してみることも必要です。