仕事のストレスが原因|優しさを求める心に

心身共に健康に

ナース

医療機関で治療を受ける

仕事のストレスが原因で、体調を崩してしまう人が増加しています。多少ストレスがあった方が仕事の効率が上がるのは事実ですが、限度というものがあります。許容量を超えた過剰なストレスを長期間受け続けると、心身の機能が正常に働かなくなってしまいます。今は決して景気が良いとは言えない状況ですので、どの会社も必要最小限の人員で仕事を回しています。少ない人数で仕事をこなさなくてはならないため、ストレスの量も増大します。昔は、その程度のことで体調を崩す人の方が悪いような言い方をされていましたが、今ではそのようなことは全く言われなくなりました。身体や心に過剰な負担がかかっていれば、それに起因する病気を発症するのが当然のことだと考えられるようになったのです。不調を隠しながら無理に仕事を続けても何も良い結果には繋がらないため、現在では早期に病院を受診して適切な治療を受けることが推奨されています。会社側としても、ストレス性疾患が原因で有能な人材が戦線離脱に追い込まれることは大きな痛手になります。そのため、定期健康診断等で従業員のストレスチェックを行い、症状が軽いうちに病院で治療を受けることを奨励しています。早期に精神科や心療内科で治療を受ければ、仕事をやめずに済ませられるようになります。精神科や心療内科を受診することがとてもポピュラーなことになってきたため、とても多くの人が治療を受けながら仕事を続けています。

何科を受診すればよいのか

現代はストレス社会だと言われています。厚生労働省が定期的に労働者健康状況調査を行っていますが、それによると全労働者の6割以上がストレスを感じながら仕事をしているという結果が出ています。この割合は年々上昇しているため、ストレス性疾患にかかってしまう人が、今後さらに増加するだろうと予想されています。病気が重症化してしまえば仕事を続けていくことができなくなってしまいます。しかし、仕事をやめてしまうと収入を得ることができません。生活していくことができなくなってしまうという理由で無理を重ねる人が多いですが、精神症状が悪化して自殺してしまう人もいますので、無理は禁物です。そのような最悪の事態に陥ってしまう前に、病院に行って治療を受けるようにすることがとても大切です。病院に行くといっても何科にかかればよいのかわからないという人が少なくありませんが、ストレスが原因で起こる病気の治療は、精神科や心療内科で受けることができます。厳密に言うと、精神科は精神疾患を扱う科で、心療内科は身体疾患を扱う科です。現状では、どちらの科を受診しても問題なく治療を受けることができますので、自分にとって利用しやすい方を受診すればよいです。ただし、より適切な治療を受けたいと望んでいるのであれば、うつ病や不安障害などの精神症状が顕著な人は精神科を、心身症に代表される身体疾患で悩んでいる人は心療内科を受診するのが望ましいです。

なにかおかしなと思ったら

スーツの男性

仕事のストレスはあるのが当然と思っていても、体に影響が出てきたり、また悲しくなってしまったり、日常の生活にすら影響を及ぼすような心への負担が大きくなってしまっていることもあります。つらいな、逃げたいなと思ったときにどうしようもできないと感じる場合には、病院へ行って自分を守ってあげましょう。

More Detail

メンタルクリニックの魅力

病院

仕事によるストレスが蓄積されることで、自律神経のバランスが崩れてしまい、副交感神経が働かず、女性にとって健康美に重要となる睡眠の質が下がってしまいます。ストレスの緩和をサポートするメンタルケアに強い病院では、女性ニーズに添った治療を展開してくれます。

More Detail

身体の不調

ハートと鍵

仕事におけるストレスは、単に自分だけで解決できるものではありません。自律神経は自身でコントロールできるものではなく、リラックスできる環境を作ってあげる事が重要です。病院には、精神科や心療内科などストレスに対して積極的な治療を行う事が出来るので、悩んでしまう前に病院に足を運んでみましょう。

More Detail

早急に受診することが大事

女性

仕事のストレスから体に様々な症状が出てきてしまったら、すぐに精神科や心療内科を受診しましょう。病院を訪れてカウンセリングを受けるだけでも、症状が緩和されることがあります。早い段階なら薬なしで回復させることも可能です。

More Detail